toggle
2016-07-29

今年の土用の丑の日は、ダイエット・お財布・お年寄りやお子様にも優しい「うなぎもどき」はいかが?

00000141_eye_catch__thumb

まいど、戸田理平商店です。

土用の丑の日といえば「うなぎ」ですが、ここ数年はうなぎが高騰気味。
うなぎの数が減っているのが理由ですが、価格がうなぎのぼりだとお財布にひびきますね。
そこで、どうやら家計に優しい「うなぎもどき」が人気を集めているようです。

◆古くからある「精進うなぎ」

仏教では「殺生」を禁じていたので、生き物を殺して食べるのはNGでした。
そこで生まれたのが野菜などを工夫して食べる「精進料理」です。

「精進うなぎ」は山芋、ごぼう、蓮根をすりおろして混ぜ、
海苔の上に乗せて揚げ、照り焼きにします。

ごぼうの食感がうなぎの小骨を連想させ、揚げることでコクが出るようです。

多くのレシピの基本は、
山芋や豆腐などで作ったタネを海苔にのせ、焼くか油で揚げた後、蒲焼のたれをからめます。

ポイントは、
タネに水分の多いものを使う場合は、十分に水を切ること(豆腐、れんこん、じゃがいもなど)。
あと、手間はかかりますが、油で揚げたほうがカリッとして味にもコクがでるのでおすすめみたいです。

2016年の土用の丑の日は7月30日。
うなぎを食べに行くのもいいですが、楽しみながら「うなぎもどき」を作ってみるのも良いと思いますよ。
「精進うなぎ」はダイエットにもピッタリですし、お年寄りや小さなお子様でも食べやすいのがいいですね。
楽しめて、ダイエットもでき、お財布にも優しいと、まさに一石三鳥。

その際の注意点!
精進うなぎで使う焼き海苔は、ぜひとも戸田海苔でお買い求め下さいね。

それでは、今後ともごひいきに。

◆他のうなぎ記事

・夏バテ防止に、なんちゃってうなぎ(鰻もどき)を実際に作ってみた
http://todanori.main.jp/index.php/news/archives/68

・土用の丑の日には話題の「なんちゃってうなぎ」を試してみませんか?
http://todanori.main.jp/index.php/news/archives/64


関連記事